恒常表示バナー

サンワサプライ直営「サンワダイレクト本店」

ranking

初めてのお客様へ。 新規会員はこちら
お届けする都道府県を設定する。(現在は東京都)[変更お支払い方法について

すべてのカテゴリ
  • 送料無料
  • 在庫あり
  • 動画
  • web限定
  • 展示あり

USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)

  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
  • USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)

画像:1/13

USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)

USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)

大量の名刺をすばやく簡単にデータ化!USB電源で手軽に使えるコンパクト名刺スキャナー。1枚3秒で連続スキャンが可能。名刺をOCR化して一覧で管理できる、Win&Mac対応のデータ管理可能なソフト付き!【WEB限定商品】

品番:
400-SCN005N
希望小売価格:
オープン価格
販売価格:

17,800(税込)

 

送料¥540当店負担

獲得ポイント:
178ポイント(1%還元)
在庫状況:

在庫あり

レビュー:
5.0 (35件のレビュー)
注文数:

当日出荷可能 以内に注文)
3/21 木曜日東京都にお届けします。
[届け先変更] [全国の配送日マップ]

×


×

ショッピングカートに追加しました

合計

×

かんたん3STEP

まとめ買いお値引きの流れ

  1. 1商品を選ぶ

    ご希望の商品と数量をご入力ください。

  2. 2ご依頼
    内容の入力

    納期・お客様情報などを入力してください。

  3. 3完了

    営業日15時までのご依頼で当日回答いたします。

×

オンライン見積書発行

ログインすると使える便利な機能

  1. 会社名・
    宛名の変更

    会社名・宛名の変更が可能です。ログインしない場合は無記入となります。

  2. マイページ
    連携

    過去の見積一覧の閲覧、見積からそのまま注文が可能です。詳細はこちら

  3. 会員特別
    値引き適応
    (法人様限定)

    法人シルバー会員以上の方には、特別お値引きが適応されます。詳細はこちら

商品紹介動画

名刺スキャナー(OCR搭載・USB名刺管理・Win&Mac対応) 400-SCN005N

 

名刺をテキストデータ化してかんたん管理

名刺スキャナー

専用ソフト付属 認識言語24カ国 USB接続

「WorldCard」ソフトウェアはこちらよりダウンロードが可能です

※ソフト起動には、商品付属の「アクティベーションコード」が別途必要です。

Windows用

(WorldCard_V8.5.9.exe 約326MB)

※バージョン情報:V8.5.9

※商品付属のCD(Windows専用)からも
インストール可能です。

Mac用

(WorldCard_Mac_V4 約26.4MB)

※バージョン情報:V4

※Mac OS X 10.11以降対応
「Mac App Store」が開かれます。


日々、増え続ける名刺 管理にストレスを感じていませんか

これで解決 名刺を1枚3秒で高速データ化

名刺をセットするだけで自動的にスキャンしデジタル化。
専用ソフトに登録して、簡単に管理できます。また、両面スキャンにも対応しています。

読み取った内容は自動で登録

サクサク読み取ってストレスフリー スキャン速度を動画でご覧ください

「WorldCard Scan」で名刺をスマート管理

名刺の情報を自動で認識・登録

入力の手間いらず

見たいデータをすばやく検索

会社名で絞り込み 複数の条件で検索

読み取り精度が高く、失敗が少ない

認識率90〜95%

24ヶ国語に対応 海外名刺も読み取れる

見やすく、管理しやすいソフト画面

リスト画面

詳細画面

メール作成やSkype発信、地図検索もできる

CSVやExcel、JPEG形式などで データの読み込み・書き出しも可能

名刺データを読み込み・書き出しすれば、「WorldCard Scan」を
インストールしていないパソコンでも、データの閲覧・活用が可能です。

読み込み(インポート) 書き出し(エクスポート)

スマホからでも手軽にスキャン

「WorldCard」に対応しているので、読み込んだデータをどのデバイスからでも閲覧できます。

モバイル版アプリでデータを確認

スキャンしたデータをデバイス間で共有できる

なんと名刺約2枚分 邪魔にならないコンパクトサイズ

名刺を横に2枚並べた時とほぼ同じ大きさのの小型タイプ!
机の上に置いても作業の邪魔にならず、狭いスペースにもすっきり収納できます。

収納スペースに困りません

大きさを比較してみました

仕様

セット内容

Q&Aよくあるご質問はこちら

より詳しい内容をチェック 取り扱い・組み立て説明書はこちら

名刺管理ソフト付きスキャナー ラインナップ

見え方、使用感を実機でご確認いただけます
サンプル無料貸出 対象商品

◎当店からのサンプル発送送料無料
※ご返送時の送料はお客様ご負担でお願いしております。

◎お貸出期間は1週間

※購入検討数量2台以上が対象となります。

※ご希望商品が貸出中の場合には、お待ちいただく事もございます。

当店の商品貸出サービスは法人会員様限定となり、
会員登録貸出依頼書の提出が必須となります。

会員登録がお済みでない方はこちら⇒ 新規会員登録

サンプル貸出依頼書のご了承事項を御確認の上、お申込み下さい。

ご不明な点などあれば、お気軽にご連絡下さい

086-223-5840(受付時間 平日9:00〜18:00)

スタッフのおすすめポイント

名刺をホルダーに入れて整理していても、目的の名刺が見つからない…。
パソコンで管理しようにも、情報の入力に手間がかかる…。
名刺を素早くデータ化して、閲覧と検索が可能になる名刺スキャナーがあれば問題解決!
文字の認識率が高く、修正が少ないので手間がかかりません。

  • 商品特長
  • 仕様
  • 対応機種
  • よくある質問
  • ●名刺を読み込んで、データ化できる名刺スキャナーです。
    ●専用ソフトでOCR可能で、一覧で管理や検索が可能です。
    ●高速読み込みと文字認識で数百枚の名刺でもストレスなく作業ができます。
    ●読み込んだデータをアップし、アドレスブックにダイレクトに転送できます。
    ●日本語を含む24の言語に対応、海外の名刺もスムーズに読み込みできます。
    ●名刺データを画像と一緒に保存可能です。
    ●iCloudやDropBOXなどへのクラウドへの保存も可能です。
    ●Windows&Macの両OSに対応しています。

    ■Windows用
    取扱・組立説明書はこちら

    ■Mac用
    取扱・組立説明書はこちら

    ■よくある質問集
    取扱・組立説明書はこちら

  • ■サイズ(収納時):W107×H28×D100mm
    ■重量:約168g (本体のみ)
    ■解像度:カラー(600dpi)
    ■インターフェイス:USB 2.0
    ■付属品:USB延長ケーブル(長さ12cm)、CD-ROM(ソフトウェア)、キャリブレーションカード
    ■生産国:中国
    ■保証期間:購入日より1年
    ■取扱説明書:CD-ROM内にあり
    ■Windows用
    取扱・組立説明書はこちら

    ■Mac用
    取扱・組立説明書はこちら

    ■よくある質問集
    取扱・組立説明書はこちら

    ■Windows用 V8.5.9ドライバーソフトウェア
    ドライバーダウンロード
    (WorldCard_V8.5.9.exe 約326MB)
    ※バージョン情報:V8.5.9
    ※ダウンロード後、実行しインストーラーを使用してバージョンアップを行って下さい。
    ■Mac用 V4ドライバーソフトウェア
    ドライバーダウンロード
    (WorldCard_Mac_V4 約26.4MB)
    ※バージョン情報:V4
    ※Mac OS X 10.11以降対応
    「Mac App Store」が開かれます。

  • 対応OSWindows 10・8.1・8・7・Vista
    Mac OS X 10.11〜10.12
    システム要件【Windows】
    CPU/PentiumV800MHz以上
    メモ/ 512MB以上
    ハードディスク/200MB以上
    ドライブ/CD-ROMドライブ
    インターフェース/USBポート

    【Mac】
    CPU/Intel製CPU搭載
    メモリ/512MB以上
    ハードディスク/200MB以上
    ドライブ/CD-ROMドライブ
    インターフェース/USBポート
    ※初回アクティブ化の際にインターネット接続が必要になります。

    ■Windows用
    取扱・組立説明書はこちら

    ■Mac用
    取扱・組立説明書はこちら

    ■よくある質問集
    取扱・組立説明書はこちら

    • パソコンを変更する場合など、データ移行はどうやるのですか?
      WorldCardデータ交換ファイル(*.wcxf)をエクスポート、インポートして
      連絡先をインポート、エクスポートすることができます。

      ■連絡先をエクスポート
      1.上部メニューの「管理」-「エクスポート」をクリックし、
      「エクスポート」の一覧画面から「WorldCardデータ交換ファイル(*.wcxf)」を選択、「次へ」をクリックします。

      2.「全ての名刺」を選択し、「次へ」をクリックします。

      3.「My PC」の「参照」ボタンを押すと、「名前を付けて保存」で保存先を選択し、
       任意のファイル名にして「保存」をクリックします。

      4.その後「WorldCardデータ交換ファイル(*.wcxf)」画面になり、「OK」をクリックします。
       エクスポートが完了後、「完了」ボタンを押してエクスポートウィザードを閉じます。
       これでエクスポートは終了です。

      ■連絡先をインポート
      1.上部メニューの「管理」-「インポート」をクリックし、
      「インポート」の一覧画面から「WorldCardデータ交換ファイル(*.wcxf)」を選択、「次へ」をクリックします。

      2.インポートする「WorldCardデータ交換ファイル(*.wcxf)」を選択し、「開く」をクリックします。

      3.その後、「OK」をクリックします。

      4.「インポート成功!○レコード」と表示され、「OK」をクリックします。
      ※○の数字は、インポートされた名刺の件数です。
       これでインポートは終了です。

      データがインポートされたかご確認ください。

      また、これらの内容や他の種類でのエクスポート/インポートにつきましては
      ソフト上部メニュー「ヘルプ」 - 「ユーザーマニュアル」から
      もしくは下記URLの取扱説明書にも記載があります。
      https://direct.sanwa.co.jp/contents/torisetsu/WorldCard_v8_JPN.pdf
      ※「第5章 インポート、エクスポート、同期」の内容
    • スキャンしたデータをiPhone・スマートフォンにも追加・登録したい
      Gmail同期機能を使い、Gmailアドレス帳にWorldcardの名刺データを同期してください。

      こちらのページに画像付きの説明がございますので、合わせてご確認ください。

      --------------------------------------------------------------------------------------------------
      【Gmailの同期ついての手順】
      ・「Worldcardv8」のメニューバーの「設定」をクリックし、「同期、エクスポート、インポート」をクリックしてください。
      ・「Gmail連絡先」が選択されているのを確認し、「アカウントを設定」をクリックしてください。
      ・「アカウント」欄にGmailアドレスのIDとパスワードを入力
      ・IDとパスワードを入力するとGmailの別ウィンドウが開き、「Worldcardが次の許可をリクエストしています」と出るので「許可」をクリックしてく
      ・「許可」がクリックされるとGmailの画面が閉じ、Worldcardの設定画面に戻る
      ・IDとパスワード欄が入力されているのを確認し、「OK」をクリック
      ・「同期エクスポートインポート」ボタンを押し、「対象」を「Gmail連絡先」を選択し、「次へ」をクリック
      ・「今回同期したらGmail連絡先の名刺画像をすべて更新します。多少時間をかかりますがしばらくお待ちになってください」と表示されるので、「Ok」をクリック
      ・画面の「同期」「閉じる」のボタンのうち、「同期」のボタンをクリックすると、連絡先同期が開始される
      ・同期が完了すると、「同期」ボタンが「完了」ボタンに替わり、完了したら「完了」を押し一旦画面を閉じる

      ・「全ての連絡先」の配下に「MYコンタクト(Gmail)」というグループが新規で増えて表示があるかどうかの確認をする
      ・「全ての連絡先」の名刺データからGmailで同期させたい名刺を選択し、「MYコンタクト(Gmail)」にコピーする
      ・コピーが完了したら、再度「同期」ボタンをクリックして、Gmail同期を行う

      ・GmailのWEBページを開き、Gmailの受信トレイにて名刺データが同期されているか確認する
      --------------------------------------------------------------------------------------------------
      その後、iPhone側の【設定】→【メール/連絡先/カレンダー】→【アカウント追加】で
      「Gmail」を追加していただき、連絡先をONにしてください。
    • スキャンしてもスキャン画像がでてこない
      裏面をスキャンしている可能性がございます。
      名刺を差し込んで上向きになる側がスキャンされる仕様になっておりますので、スキャンしたい側を上部に向けてスキャンを行ってください。
    • スキャナが認識しなくなった
      @デバイスマネージャーでの認識状況を確認してください。
      デスクトップ左下の「Windowsマーク」を右クリック>デバイスマネージャーを開いてください。
      「他のデバイス」の項目に「A8colorScannerPP」の表示でかつ「!」マークがついている場合はドライバーの更新を行います。(Windows10の場合)

      A付属のインストールCDよりドライバー更新を行います。
      「A8colorScannerPP」を右クリック、>ドライバーの更新>「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」>
      「参照」をクリック>更新元をインストールCD内の「driver」>「PROフォルダ」を指定し、「次へ」をクリックしてデバイス情報更新をしてください。
    • 日本語しかスキャンできない
      スキャン設定の確認をしてください。
      「設定」→「スキャン」→「認識言語」が”日本語”になっていれば、スキャンしたい言語を選択します。

      また、Excel出力時に”英語”が表示されない場合、設定の確認してください。
      「設定」→「同期、エクスポート、インポート」→「MicrosoftExcel※デフォルト時”Gmail連絡先”」→「使用可能フィールド」を出し、
      「名前」をクリックし、2段目の「氏名2」のチェックボックスにチェックを入れると、英語氏名2の出力が可能です。
    • グーグルのアカウントで使えない
      使用ソフトのバージョンアップで改善する場合があります。

      「WorldCardV8」のソフト上部メニューより「ヘルプ」>「情報」よりバージョンを確認してください。

      @Ver8.5.8以下の場合、バージョンアップを行う

      @-1既存名刺データのバックアップ
      「WorldCardV8」起動し、メニューバーの「管理」→「エクスポート」→「Worldcardデータ交換ファイル(wcxf)」を選択してください。

      出たウィンドウで「次へ」→「全ての名刺」を選択、さらに「次へ」→「参照」をクリックし、マイドキュメントやUSBメモリー等の保存させたい任意のフォルダを指定してください。
      「ファイル名」を「今日の日付.wcf」にし、「保存」をクリックする。さらに「OK」をクリックし「エクスポート成功」と出れば名刺データのバックアップが完了します。
      その後「OK」をクリックし画面を閉じる

      @-2既存WorldcardVer8.*のアンインストール
      デスクトップ上より「スタート(Windowsマーク)」→「Windowsシステムツール」→コントロールパネル→プログラムと機能を出してください。
      WorldcardV8.5.*(既存バージョン)を右クリックしてアンインストールしてください。

      @-3WorldcardVer8.5.8のインストール
      以下より、ダウンロードとインストールを行ってください。
      ダウンロード
      クリックしてダウンロード完了後、Worldcardのインストーラーが起動します。
      後は画面の指示に従い、ソフトのインストールしてください。


      AGmailの設定を確認する
      A-1GmailのWEBページを開く
      A-2Gmailの受信トレイを出したら、画面右上の歯車のアイコンの「設定」をクリックし、その中の「設定」を出してください。
      A-3「アカウントとインポート」タブをクリックして出し、「その他のGoogleアカウントの設定」をクリックしてください。

      A-4「ログインとセキュリティ」の下にある「googleへのログイン」をクリックしてください。
      A-5ページを下に送り、ページ一番右下にある「安全性の低いアプリの許可」で、「無効」になっているのを「有効」にしてください。
      ※ここが無効になっているとWorldcardでは「セットアップ失敗のためGoogleアカウントへのログインができません」と表示が出て設定できません。

      A-6Gmailの設定を閉じてください。

      BWorldcardの設定をする
      B-1Gmail設定の20分後ぐらいに、WorldcardV8を起動します。
      B-2メニューバーの「設定」をクリックし、「同期、エクスポート、インポート」をクリックします。
      B-3「Gmail連絡先」が選ばれているのを確認し、「アカウントを設定」をクリックします。
      B-4アカウントを入れる画面が開き、「アカウント」欄にGmailアドレスのIDとパスワードを入力します。
      B-5IDとパスワードを入力するとGmailの別ウィンドウ画面で「Worldcardが次の許可をリクエストしています」と聞いてきいてくるので、「許可」をクリックします。
      B-6「許可」がクリックされるとGmailの画面が閉じて、Worldcardの設定画面に戻ります。
      B-7IDとパスワード欄が入力されているのを確認し、「OK」をクリックします。
      B-8「同期エクスポートインポート」ボタンをクリックし、「対象」を「Gmail連絡先」を選択肢、「次へ」をクリックします。
      B-9「今回同期したらGmail連絡先の名刺画像をすべて更新します。多少時間をかかりますがしばらくお待ちになってください」の画面が出るので、「OK」をクリックします。
      B-10画面の「同期」「閉じる」のボタンのうち、「同期」のボタンをクリックすると、連絡先同期が始まります。
      B-11同期が完了すると、「同期」ボタンが「完了」ボタンに替わり、完了したら「完了」をクリックし一度画面を閉じてください。
      B-12「全ての連絡先」の配下に「MYコンタクト(Gmail)」というグループが新規で増えて表示があるかどうかを確認します。
      B-13「全ての連絡先」の名刺データからGmail同期させたい名刺を選択し「MYコンタクト(Gmail)」にコピーします。
      B-14すべての名刺をコピーしたい場合は「コントロール」+「A」キーを押せば、すべての名刺データが選択可能です。
      B-15コピーが完了後、再度同期ボタンをクリックして、Gmail同期を行います。
      B-16GmailのWEBページを開き、Gmailの受信トレイを出しGmailアドレスを開いて、名刺データが同期されているか確認します。
    • スキャンしたのにデータがない
      スキャンデータのファイル場所の確認をしてください。

      専用ソフト「WorldCardv8」の仕様により、
      Document(ドキュメント)フォルダ内の「Worldcard8」フォルダにデータベースファイルを保存しておかなければなりません。
      一度デスクトップから「PC」>「ドキュメント」>「Worldcard8」>「Default」>「DBFile」を開き、Worldcardを起動し名刺データがある点を確認してください。
      そしてデータベース保存で、「PC」>「ドキュメント」>「Worldcard8」フォルダに保存し、動作確認のためWorldcardを再起動して確認してください。
    • 同梱のドライバーをダウンロードしたい
      こちらよりダウンロード可能です。
      ※Windows用とMac用でドライバーが異なっております。
      ■Windows用 ドライバー
      Windows用 V8.5.8ドライバーダウンロード

      (WorldCard_V8.5.9exe 約326MB)
      ※バージョン情報:V8.5.9
      ※対応OS: Windows 10・8.1・8・7・Vista
      ■Mac用 ドライバー
      Mac用 V4ドライバーダウンロード

      (WorldCard_Mac_V4 約26.4MB)
      ※バージョン情報:V34
      ※対応OS:Mac OS X 10.11以降対応)
    • WCXFファイルが開けない、どうやって開くのか
      WCXFファイルは、名刺スキャン時のバックアップファイル/データ交換用ファイルで、
      WorldCard V8以降の対応の専用ファイルです。
      他のソフトでは開くことはできません。
      【開き方】
      1 WorldCard V8を起動します。
      2 上部ツールバーの「管理」→「インポート」→「WCXFファイル」→「ファイルを指定」→「OK」 の操作でデータがインポートができます。
    • メモ入力の文字数について

      メモ欄への文字入力には、特に字数制限はございません。
      【メモ欄の入力方法について】
      編集ボタンを押すと、画面中央に入力画面が出ます。入力が終了したら、OKボタンで終了します。
      再度編集したいときは、再度編集ボタンを押して、上記内容を繰り返します。
    • 名刺のスキャンが途中で止まり名刺が入っていかない
      ケーブルや物で反対側の口が塞がれているような状態になっていると、名刺が物理的に通過できずスキャンが出来ません。
      (その場合、LEDの点滅は停止しつつ、名刺は手前側へ戻ってきます。読み込めた部分までの名刺の画像がデータとしてパソコン上で確認されます)
      特にふさいでいなければ、キャリブレーションを実行して再度スキャンをお試しください。
      キャリブレーションカードは白い面を上にしてスキャンしてください。
    • スキャンした名刺画像を一覧で出力、印刷できますか
      スキャンした名刺画像は、出力は可能です。
      【出力方法】
      管理→エクスポート→画像ファイル→全ての名刺 の操作で全部の名刺画像が出力できます。
      しかし、一覧やまとまった表示での出力ではなく「1画像 =1枚」での出力となります。
      例 AAさんとBBさんの名刺の画像を出力した場合
      ・出力ファイル名
      1F_AA.jpg (表面画像ファイル)
      1B_AA.jpg (裏面画像ファイル)
      2F_BB.jpg (表面画像ファイル)
      2B_BB.jpg (裏面画像ファイル)
      頭の数字は、その都度出力する順番、数量によって異なります。
      また、画像は1ファイルずつでの出力されます。
      印刷について、名刺画像の印刷には対応していません。
    • 複数のパソコンで使いたい

      製品の仕様により、初回起動時にソフトウェアのアクティベーション(ライセンス認証)が必要です。付属ソフト「WorldCard v8」は、1台のコンピューター上での使用のみとなります。

      複数台でのPCでご利用いただくには台数分のスキャナ本体(400-SCN005N)のご購入が必要です。※ライセンス(アクティベーションコード)のみの販売はしておりません。

      別の商品にはなりますが、400-SCN050、400-SCN051でしたら、複数台のパソコンでご使用いただけますので、ご検討ください。
    • Macで50枚以上スキャンするとスキャンできない、アクティベーション解除の方法について
      mac OSを使用の場合、
      Mac用の最新ソフト「WorldCard_Mac v4.1.0」から、
      50枚までであればアクティベーションコード無しでスキャンが可能です。
      ただし51枚目より、「この機能はLite版では使えません(連絡先情報が最大50件保存できる。)製品情報の詳細をご確認ください。」と表示されます。
      その場合、ツールバーより「ヘルプ」→「アクティブ」を選択して、手持ちのアクティベーションコードを入れてください。
      アクティベーションコードは、別紙で入っている場合、またはスキャナー本体裏面に記載がある。 場合のどちらかになりますので、ご確認ください。
    • LEDが点かなくなった
      パソコン側が、スキャナ本体を正常に認識できていない可能性がございます。
      下記【確認手順】をご確認ください。

      【確認手順】
      1.PCにスキャナ本体(400-SCN005N)を接続します。
      2.同梱のインストールCDをPCに入れます。
      3.キーボードのWINDOWSキーを押しながら Xキーを押し、一覧がでたら「デバイスマネージャー」⇒を開きます。
      4.「イメージングデバイス」に【 A8collar Scanner PP 】表示がでているかどうかご確認ください。
      5. 出ていない場合・その他の所へ表示されている場合・「!」マークがついている場合は、⇒パソコン側が、スキャナ本体を正常に認識できていない可能性がございます。【 A8collar Scanner PP 】のドライバー更新をしてください。
      6.「ドライバーの更新」をクリックします。
      7.ドライバーの検索方法で下の段の「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」をクリックします。
      8.次の場所で「ドライバーを検索します」の右端の「参照」をクリックします。
      9.ハードウェアのドライバーを含むフォルダーを選択してくださいのところで更新元をインストールCDのdriver>PROフォルダを指定し一覧がでるのでその中の「Pro」フォルダをクリックします。その後「OK」ボタンを押します。
      10.「次へ」をクリックします。インストールが始まります。
      インストールが完了したらPCを再起動しWorldcardを起動し名刺スキャナーが認識されているかご確認下さい。
    • 突然使えなくなった
      パソコン側が、スキャナ本体を正常に認識できていない可能性がございます。
      下記【確認手順】をご確認ください。

      【確認手順】
      1.PCにスキャナ本体(400-SCN005N)を接続します。
      2.同梱のインストールCDをPCに入れます。
      3.キーボードのWINDOWSキーを押しながら Xキーを押し、一覧がでたら「デバイスマネージャー」⇒を開きます。
      4.「イメージングデバイス」に【 A8collar Scanner PP 】表示がでているかどうかご確認ください。
      5. 出ていない場合・その他の所へ表示されている場合・「!」マークがついている場合は、⇒パソコン側が、スキャナ本体を正常に認識できていない可能性がございます。【 A8collar Scanner PP 】のドライバー更新をしてください。
      6.「ドライバーの更新」をクリックします。
      7.ドライバーの検索方法で下の段の「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」をクリックします。
      8.次の場所で「ドライバーを検索します」の右端の「参照」をクリックします。
      9.ハードウェアのドライバーを含むフォルダーを選択してくださいのところで更新元をインストールCDのdriver>PROフォルダを指定し一覧がでるのでその中の「Pro」フォルダをクリックします。その後「OK」ボタンを押します。
      10.「次へ」をクリックします。インストールが始まります。
      インストールが完了したらPCを再起動しWorldcardを起動し名刺スキャナーが認識されているかご確認下さい。
    • スキャナ本体を認識をしなくなった
      パソコン側が、スキャナ本体を正常に認識できていない可能性がございます。
      下記【確認手順】をご確認ください。

      【確認手順】
      1.PCにスキャナ本体(400-SCN005N)を接続します。
      2.同梱のインストールCDをPCに入れます。
      3.キーボードのWINDOWSキーを押しながら Xキーを押し、一覧がでたら「デバイスマネージャー」⇒を開きます。
      4.「イメージングデバイス」に【 A8collar Scanner PP 】表示がでているかどうかご確認ください。
      5. 出ていない場合・その他の所へ表示されている場合・「!」マークがついている場合は、⇒パソコン側が、スキャナ本体を正常に認識できていない可能性がございます。【 A8collar Scanner PP 】のドライバー更新をしてください。
      6.「ドライバーの更新」をクリックします。
      7.ドライバーの検索方法で下の段の「コンピューターを参照してドライバーソフトウェアを検索」をクリックします。
      8.次の場所で「ドライバーを検索します」の右端の「参照」をクリックします。
      9.ハードウェアのドライバーを含むフォルダーを選択してくださいのところで更新元をインストールCDのdriver>PROフォルダを指定し一覧がでるのでその中の「Pro」フォルダをクリックします。その後「OK」ボタンを押します。
      10.「次へ」をクリックします。インストールが始まります。
      インストールが完了したらPCを再起動しWorldcardを起動し名刺スキャナーが認識されているかご確認下さい。
    • 黒い線が入る
      スキャナの内部に汚れがついている可能性がございます。
      キャリブレーションカードを何回か通す事で内部の汚れを取る事ができますのでお試しください。
      キャリブレーションカードは白い面を上にしてスキャンさせてください。
    • 使うパソコンが変わる場合の移行方法
      使うパソコンが変わる場合、今使っているパソコンのアクティベーション(ライセンス認証)の解除が必要となります。
      ※解除するとスキャンデータは初期化される為、必ず作業前にバックアップをとってください。

      アクティベーション(ライセンス認証)の解除方法につきましては下記URLのPDFをご確認ください。
      http://direct.sanwa.co.jp/contents/torisetsu/400-SCN005N_SCN026_m.pdf

      また、v8.5以降よりソフトウェア上からもアクティベート解除が可能です。
      ソフトウェア上部のツールバーより 
      ”ヘルプ” - ”ソフトウェアライセンスの解放”を選択し
      画面に従ってアクティベーションの解除を行ってください。
    • 名刺データの文字化けを修正したい
      名刺データの修正は基本的にはWorldcard上で行います。
      Excelで修正して書き戻しでも修正は可能ですがその場合新規データインポートの形式となるので名刺画像が無い状態となってしまいます。
      名刺画像がなくても良ければ、Excelファイルでエクスポートして編集し、Worldcardの名刺データ全削除した上で、Excelファイルをインポートする事で利用が可能です。
    • Excelでエクスポートしたファイルで、不要な項目までエクスポートされるので表示を調整したい
      ソフト上の項目表示と、エクスポート時の項目表示はそれぞれで設定が必要です。

      【ソフト上の表示項目設定】
      ソフト上部の”設定”→”表示フィールド”の”使用可能フィールド”で調整可能です。
      ”使用可能フィールド”内の下矢印をクリックし、表示したい項目にチェックを入れます。
      その後”適用”をクリックすると、反映されます。
      また、”表示フィールド”内の項目は、
      ”上に移動”、”下に移動”をクリックすれば表示の順番を調整可能です。

      【エクスポート時の表示項目設定】
      ソフト上部の”設定”→”同期、エクスポート、インポート”でエクスポートする形式を選択して、”使用可能フィールド”で調整可能です。
      ※Excelでは表示項目、GoogleやSalesforceなどではアカウントの設定も可能です。
    • スキャンした順に並び替えたい
      「ツール」→「設定」→「表示フィールド」の中から「登録日」を選択するとスキャンした順に並び替えとなります。
    • 取り込んだ名刺データをiPhone、iPad、スマートフォンで確認したい
      可能です。別途アプリケーション(WorldCard Mobile)のダウンロードをお願いします。(有料ソフトとなります。)

      ■有料版
      iPhone向け
      https://goo.gl/QWQ7Tv

      iPad向け
      https://goo.gl/TSSyhA

      Android向け
      https://goo.gl/T9X5tS


      ■無料版(登録件数などの機能制限がございます)
      iPhone向け
      https://goo.gl/UVGAKw

      iPad向け
      https://goo.gl/hBTGbT

      Android向け
      https://goo.gl/uYj8iE
    • 登録時のメールアドレスが分からなくなってしまってアクティベーション解除が出来ない
      PENPOWER社へお問い合わせをお願いします。
    • スキャナ単体で使用できるか
      スキャナ単体での利用は不可で、付属ソフト「Worldcard」をインストールしたパソコンとの接続が必須となります。
    • ライセンスだけを購入したい
      ライセンス(アクティベーションコード)のみの販売はしておりません。
      本製品1台につき1つのライセンスをご提供しておりますので、スキャナ本体を追加でご購入ください。
    • スキャン可能な名刺のサイズは?
      名刺4号サイズ(55×91o)までのものならスキャン可能です。
    • スキャン可能な名刺の厚みは?
      厚みの対応は「0.7mm以下」となります。
    • 名刺の枚数制限は?
      読み込める名刺の枚数制限などは特にございません。
      但し、3000枚を超えるをソフトウェアの動きが遅くなる可能性がございます。
    • 両面スキャンの設定方法は?
      1.付属ソフトWorldcard V8の左上の「スキャン」をクリックして、裏面にチェックを入れ、 「完了」をクリックします。
      2.「設定」→「スキャン設定」→「カードスタイル両面」にチェックを入れて、OKを押し、画面を閉じます。
      3.本製品のスキャンは片面ずつ可能です。表面と裏面の両面を順番にスキャンすると1つのファイルで裏表のデータが同一人物として保存される形となります。
    • 両面スキャンは可能?
      一回で両面スキャンはできません。
      スキャナ本体は片面ずつスキャンする仕様となっております。ソフトウェア側で【両面スキャンの設定】を行って頂ければ、表面と裏面をそれぞれスキャンした後、1件分のデータとして保存可能です。
    • 同梱ソフト「WorldCard」を複数のPCで使用したい
      製品の仕様により、初回起動時にソフトウェアのアクティベーション(ライセンス認証)が必要です。付属ソフト「WorldCard v8」は、1台のコンピューター上での使用のみとなります。

      複数台でのPCでご利用いただくには台数分のスキャナ本体(400-SCN005N)のご購入が必要です。※ライセンス(アクティベーションコード)のみの販売はしておりません。

      別の商品にはなりますが400-SCN050、400-SCN051でしたら、複数台のパソコンでご使用いただけます。こちらもご検討ください。
    • スキャナ本体を複数台のパソコンで使用したい
      製品の仕様により、初回起動時にソフトウェアのアクティベーション(ライセンス認証)が必要です。付属ソフト「WorldCard v8」は、1台のコンピューター上での使用のみとなります。

      複数台でのPCでご利用いただくには台数分のスキャナ本体(400-SCN005N)のご購入が必要です。※ライセンス(アクティベーションコード)のみの販売はしておりません。

      別の商品にはなりますが400-SCN050、400-SCN051でしたら、複数台のパソコンでご使用いただけます。こちらもご検討ください。
    • Gmailの同期がうまくいかない
      PC起動後、WEBページを開き、Gmailのサイトを開きます。
      GMAILの受信トレイを出したら、画面右上の歯車のアイコン「設定」をクリックしその中「設定」を出します。
      「アカウントとインポート」タブ をクリックして出し、「その他のGoogleアカウントの設定」をクリックします。
      「ログインとセキュリティ」の下にある、「googleへのログイン」をクリックします。
      ページを下に送り、ページ一番右下にある、「安全性の低いアプリの許可」で、「無効」になっているのを「有効」にしなおします。
      (ここが無効になっているとworldcardでは「セットアップ失敗のためGoogleアカウントへのログインができません」と表示が出て設定できません)
      Gmailの設定を閉じます。

      GMAIL設定後 20分ぐらいしたら、worldcard V8を起動します。
      メニューバーの「設定」をクリックし、「同期、エクスポート、インポート」をクリックします。
      「Gmail連絡先」が選ばれているのを確認し、「アカウントを設定」をクリックします。
      アカウントを入れる画面が開くので、「アカウント」欄にGmailアドレスのIDとパスワードを入れます。 
      IDとパスワードを入れるとGMAILの別窓の画面が開き、「worldcardが次の許可をリクエストしています」と聞いてきいてくるので、「許可」をクリックします。
      許可がクリックされるとGMAILの画面が閉じて、worldcardの設定画面に戻ります。
      IDとパスワード欄が入力されているのを確認し、「OK」を押します。
      「同期 エクスポート インポート」ボタンを押し、「対象」を「GMAIL連絡先」を選び、「次へ」をクリックします。

      「今回同期したらGMAIL連絡先の名刺画像をすべて更新します。多少時間をかかりますがしばらくお待ちになってください」の画面が出るので、「Ok」を押します。
      画面の「同期」 「閉じる」 のボタンのうち、「同期」のボタンをクリックします。
      連絡先同期が始まります。
      同期が完了すると、「同期」ボタンが「完了」ボタンに替わるので、完了したら「完了」を押し一旦 画面を閉じます。
      「全ての連絡先」の配下に「MYコンタクト(GMAIL)」というグループが新規で増えて表示があるかどうか、ご確認下さい。
      「全ての連絡先」の名刺データからGMAIL同期させたい名刺を選び、「MYコンタクト(GMAIL)」にコピーします。
      全部をまるごとであれば 「コントロール」キーを押しながら「A」キーを押しますと全部の名刺データが選択できます。
      コピーが完了したら、再度 同期ボタンをクリックして、GMAIL同期を行います。
      WEBページを開き、GMAILのWEBページを開き、GMAILの受信トレイをだして、GMAIL アドレスを開きます。
      名刺データが同期されているかご確認下さい。
    • 名刺がスキャン途中で止まる
      ケーブルや物で反対側の口が塞がれているような状態になっていると、名刺が物理的に通過できずスキャンが出来ません。
      (その場合、LEDの点滅は停止しつつ、名刺は手前側へ戻ってきます。読み込めた部分までの名刺の画像がデータとしてパソコン上で確認されます。)
      特にふさいでいなければ、キャリブレーションを実行して再度スキャンをお試しください。
      キャリブレーションカードは白い面を上にしてスキャンさせてください。
    • インターネットに接続していなくても、アクティベーションは可能?
      アクティベーションにはインターネット接続が必要となります。
      オフラインでのアクティベーション項目はありますが、必要ファイル(起動ファイル)取得のためインターネット接続が必要になります。
    • シンクライアントで使用できるか?
      シンクライアントには対応しておりません。
    • エクスポートについて
      Excelに出力したい、項目の設定について
      【Excelでエクスポートする場合】
      @ソフト画面上で『ツール』⇒『設定』⇒『同期エキスポートインポート設定』⇒『MicrosoftExcel』の順で選択してください。
      A『表示フィールド』内の『使用可能フィールド』で出力したい項目をフィールドのエクスポートに追加⇒『OK』をクリックすると書き出し完了です。
    • 社内でデータを共有したい
      エクスポートしたエクセルデータを共有フォルダーに置いて頂き、そちらのデータをご共有ください。
    • 設定用のドライバーをダウンロードしたい
      こちらよりダウンロード可能です。
      ※Windows用とMac用でドライバーが異なっております。

      ■Windows用 ドライバー
      ドライバーダウンロード
      Windows用 V8.5.8ドライバーダウンロード
      (WorldCard_V8.exe 約182MB)
      ※バージョン情報:V8.5.8
      ※対応OS: Windows 10・8.1・8・7・Vista

      ■Mac用 ドライバー
      ドライバーダウンロード
      Mac用 V3ドライバーダウンロード
      (WorldCard_Mac_V3.dmg 約22MB)
      ※バージョン情報:V3
      ※対応OS:Mac OS X 10.9〜10.12
    • 名刺に手書きしている文字がある場合
      Worldcard上では 氏名 住所 会社名 等あらかじめ配置されており、読み込んだ画像を解析し、それぞれの項目のテキストデータが自動的に振り分けられ入力される仕組みです。 よって 手書きが名刺のどの部分に書かれたかにもよりますが、基本的にはWorldcard側で手書き文字を絵として認識した場合はスキップされ、文字としてはでてきません。 手書きを文字として認識された場合は、文字化けとしてテキストで出てきます。手書き文字が文字化けででていれば、その箇所を削除してのご利用が可能です。
    • スキャンした日付はわかる仕様か?
      スキャンした日付は、『登録日時』という項目で確認できます。
      なお、データ更新・変更等を行った際は、更新・更新した日付を『変更日時』という項目で確認できます。
    • 右下のメモ入力の文字数について
      メモ欄への文字入力には、特に字数制限はございません。

      【メモ欄の入力方法について】
      編集ボタンを押すと、画面中央に入力画面が出ます。入力が終了したら、OKボタンで終了します。
      再度編集したいときは、再度編集ボタンを押して、上記内容を繰り返します。
    • 会った日などを記載する項目はあるか?
      データを選択して右クリック - 「編集」を選択することで編集ウィンドウが表示され、その画面の右下にメモ欄があるので、編集ボタンを押すとメモ書きを残すことができます。
    • 取り込んだ名刺データをフォルダ分けする事は可能か
      フォルダ分けは可能です。全ての連絡先の箇所で、右クリックを行い、新規グループを選択し、名前を付けて完了です。
    • Windows版にできて、Mac版にできない機能は?
      【Mac版で未対応の機能】
      ・詳細検索機能(テキスト検索は可)
      ・一覧表示モード/画像表示モードの切り替え
      ・重複した連絡先を検索
      ・Skype発信機能
      ・インポート/エクスポートできる形式が少ない

この商品をカートに入れる

USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)

USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)

品番:
400-SCN005N
販売価格:
¥17,800(税込)
在庫状況:
在庫あり

USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)のレビュー

総合評価:
5.0
(35件のカスタマーレビュー)

    最近投稿されたレビュー


  • USB名刺スキャナ

    名刺にいろいろなフォントを使った社名があるため社名に関しては、ほとんど読み取れていない状況です。この点少しでも改善されれば良いのですが。
    また、PCを複数台使用できるようにしてもらいたい。せめて2台

    おすすめ度: 投稿日:2019/02/20
    Q官鳥 さん 約1カ月前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


  • 文字認識率最高

    多少飾りがついたり、傾いた字、極太の字でもかなりの確率で認識します。
    名刺により文字の位置も全く違いますが、ちゃんとレイアウトに当てはめてくれます。
    思った以上に認識率です。
    ソフトのインストールは、DVDではなくCDなので結構時間がかかります。
    インストールを始めたら気長に待つことです。

    おすすめ度: 投稿日:2018/12/13
    kan さん 約3カ月前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


  • ベターな商品です

    名刺管理は大変面倒な作業ですが、完璧を求めなければ色々ありますよね。でも、この商品はかなり優秀なので驚きました。まー、OCR認識では苦手な文字・フォントが有るようですが、見直しすれば誤りは大体発見できます。
    検索もサクサク出来ますし、買ってよかった〜。

    おすすめ度: 投稿日:2018/09/25
    おっじ さん 約1年前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


  • うざいエラーメッセージ、改善もしない

    Gmail連絡先との同期が不調で毎回エラーメッセージが出る、出る、出る。恐ろしいほどたくさん出てくる。しかも中国語で画面の一番上を占拠して出まくり状態なので仕事の大きな障害になっている。

    そのつどエラー報告をしているが、全く改善もしないし、エラーに対してのフォローがない。そもそも中国語でのエラーメッセージだし。販売しているサンワサプライさんは、傍観者でいるのだろうか、社内で一人でもこの製品を使っている人がいるのだろうか? 

    改善の兆しが見られない。このような不真面目なプロダクトは社会的意義が感じられない。お金を支払っているユーザーにストレスをいっぱい負担させている。

    サンワサプライの経営理念である「人とコンピュータをつなぐサプライから、人と未来をつなぐサプライへ。」に全く反した製品である。速やかな改善とユーザーに対するサポートを要請します。

    スキャナーとしては普通程度。細かい文字が苦手。可も無く不可もなくといった感じ。

    【追記】厳しいことを書いたので、その後の補足を追記する。(2018年9月22日)
     メーカーからアップデートのお知らせが届き、バージョン4.10にアップデートしたところ、エラーが出なくなり、同期も「Gmail連絡先」「システム連絡先」のいずれにも無事成功した。このため、評価を一つ引き上げて☆3つに修正する。
     メーカーからの連絡メールが中国語だったので、よく分からず、翻訳サイトを使ってアップデートのお知らせと分かった。このあたりのサポート内容は、親切でなくてまだまだ改善の余地はあると思う。取り敢えず開発を惜しまないメーカーであることが分かり、一安心。

    おすすめ度: 投稿日:2018/09/04
    まこりん さん 約7カ月前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


  • 読み込み精度が高いです

    少し手で訂正が必要ですが、50枚〜以上の入力の必要があれば確実に時間短縮でき楽です。付属のソフトも使い易く、後からエクセルデーターに変換でき保管ができます。まだ数回しか使用していないので耐久性に不安を感じますが、名刺入力が楽しみになりました。

    おすすめ度: 投稿日:2018/08/21
    じむ子 さん 約7カ月前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


  • コンパクト

    持ち運びも便利で、扱い易いです。

    おすすめ度: 投稿日:2018/07/05
    HM さん 約9カ月前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


  • モバイル版よりも、こちらの方が便利

    もともと、モバイル版を購入し利用していたのだが、モバイル版だと名刺撮影時に光の加減や位置調整が煩わしく、どんどん未整理の名刺が溜まっていった。あと文字認識も今ひとつで修正にするにもスマホでの修正は時間がかかるし、PCで修正しようと思っても毎回Gooogleなどを経由しないといけなかったので、思い切ってこちらを追加購入。

    文字認識率もモバイル版よりは高く、その場でPCで修正できるので圧倒的に効率がいい。あと名刺のイメージがPCに保存されるのもいい。モバイル版かPC版かを迷っている人は、絶対にこちらの方がいいかと思います。

    おすすめ度: 投稿日:2018/04/21
    あおぞら さん 約11カ月前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


  • 机の中の名刺を捨てるに捨てられなかったので!

    ようやく名刺を整理できる。そう思って購入した。早い!それが印象!整理は習慣だ。そう思って毎日1回、身の回りの名刺を探している!

    おすすめ度: 投稿日:2018/03/20
    ハック さん 約1年前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


  • 簡単にできました.

    非常に簡単に使い始めることができました.
    小型スキャナも昔のものに比べ早くて画質も良いと
    感じました.

    おすすめ度: 投稿日:2017/10/28
    naka さん 約1年前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


  • 中々良い

    ずっと欲しくてついに購入。
    読み込み自体はスムーズ。操作も簡単です。
    購入して正解でした。
    時間を見つけて少しずつ整理していきたいと思います。

    おすすめ度: 投稿日:2017/08/09
    vin さん 約1年前にサンワダイレクトでご購入

    このレビューは参考になりましたか?


35件全てのレビューを見る

同じテーマの商品

USB名刺管理スキャナ(1枚3秒連続スキャン・OCR搭載・Win&Mac対応・Worldcard Ultra Plus)
販売価格:

17,800(税込)

数量

FAX注文承ります

電話・FAXでの注文承ります。
詳細はこちら >>

2019 3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
2019 4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

の日が定休日です。
営業時間 9:00〜18:00

ご注文は年中無休でお受けしております。
商品発送は土日祝日も一部商品に限り発送しております。
メール返信は営業日のみとなります。