在庫ありオススメ商品
ご利用ガイド・AIチャット

サンワサプライ直営「サンワダイレクト本店」

ranking 初めての
お客様
新規会員登録

初めてのお客様へ。 新規会員はこちら
お届けする都道府県を設定する。(現在は東京都)[変更お支払い方法について

すべてのカテゴリ

運転中のスマホ使用にご用心!

2020.01.14

運転中のスマホ使用にご用心!


2019年12月1日より車の運転中の携帯電話操作による
罰則等が大幅に強化されました。

<携帯電話の使用等(保持)>
・運転中にスマホや携帯電話を手に持って通話
・スマホやカーナビの画面を注視する などが"保持"にあたります。
携帯電話の使用等(保持)

<携帯電話の使用等(保持)+事故などを起こした場合>
携帯電話の使用等(保持)+事故などを起こした場合

罰金・点数・反則金のアップもさることながら、
事故などを起こした場合の反則金の規定がなくなり、
すべて刑事罰(前科がつく)ので特に注意が必要です。

しかし現代において携帯電話はなくてはならないツールです。
今回は、安全に運転&快適な通話ができる「ハンズフリー」製品をご紹介します。


小型で使いやすいベーシックなハンズフリーキット

Bluetoothハンズフリーキット(iPhone・スマートフォン対応・振動検知搭載・通話・音楽対応)

車載Bluetoothハンズフリーキット(小型・振動検知搭載・通話対応)

車で手ぶらで通話ができる、ハンズフリーキットです。
サンバイザーに挟むだけで取付可能な簡単設置です。
薄型で違和感なく取り付けできます。
また、振動感知センサー搭載で運転に合わせてON可能です。

■基本情報
連続通話時間:10時間
連続待ち受け時間:400時間
サイズ:W85×D58×H12mm
重量:65g

商品の購入ページへ »


連続通話時間30時間の当店通話時間最長モデル

車載ハンズフリーキット(Bluetooth接続・通話・音楽対応・長時間・大型スピーカー・振動検知搭載・2台待受・クリップ式)

車載Bluetoothハンズフリーキット(長時間・大型スピーカー・振動検知搭載・通話対応)

車で手ぶらで通話ができる、ハンズフリーキットです。
サンバイザーに挟むだけで取付可能な簡単設置です。
スピーカーサイズを大きくし長時間仕様も可能です。
車内で充電できるセットが付属しています。

■基本情報
連続通話時間:30時間
連続待ち受け時間:600時間
サイズ:W130×D40×H71mm
重量:90g

商品の購入ページへ »


声がクリアに聞こえるノイズキャンセリング搭載モデル

車載Bluetoothスピーカー(ハンズフリー・通話・音楽対応・Bluetooth4.1・高音質・3W)

車載Bluetoothハンズフリーキット(高音質・ノイズキャンセリング機能・振動検知搭載・通話対応)

音楽用にも使われているHi-Fiスピーカーとノイズキャンル機能で自分の声もを相手の声もにクリアに伝えることもできます。
SiriやGoogleアシスタントが利用できる呼び出し専用ボタンを搭載しています。

■基本情報
連続通話時間:17時間
連続待ち受け時間:1,000時間
サイズ:W72×D130×H23mm
重量:124g

商品の購入ページへ »


取り外すだけですぐ使えるヘッドセット

Bluetoothヘッドセット(ワイヤレス・片耳・モノラルイヤホン・自動ペアリング)

Bluetoothヘッドセット(ワイヤレス・片耳・モノラルイヤホン・自動ペアリング)

専用のクレードルからヘッドセットを取る・置くだけで電話に出る・切るといった操作ができ、必要な時だけクレードルから取り外して使えるので、長時間耳につけたときに耳が痛くなりません。
簡単に電源をON・OFFできるスライドスイッチ付きで、電源をONにすると自動的にペアリングモードになるので簡単に使えます。

■基本情報
連続通話時間:3時間
連続待ち受け時間:80時間
サイズ:W19×D22×H60mm
重量:12g

商品の購入ページへ »


Q&Aコーナー

ハンズフリーは違反にあたらないの?
携帯電話の使用等(保持)により違反、罰則になります。
携帯電話の使用等(保持)とは、「手に持つ」「注視する」ことを指し、 「手に持たない」「注視しない」ハンズフリーは、今のところ違反ではありません。

都道府県の条例でヘッドセットの禁止があるから使えないのでは?
条例では大音量でのイヤホン等の使用を禁止しています。
安全運転に必要な音が聞こえる状態(サイレンやクラクションなど)での使用であれば今のところ違反ではありません。


携帯電話の使用等に係る交通事故件数は年々増えています。
現状として携帯電話を使用している時の方が、使用していないときより死亡事故率が高いということもあり、今回の罰則規定の強化がされたようです。
余裕のもった運転をするためにもハンズフリー製品のご利用をおすすめいたします。