ご利用ガイド・AIチャット

サンワサプライ直営「サンワダイレクト本店」

ranking 初めての
お客様
新規会員登録

初めてのお客様へ。 新規会員はこちら
お届けする都道府県を設定する。(現在は東京都)[変更お支払い方法について

すべてのカテゴリ
USBハブの選びかた
お悩み解決

USBハブの選びかた

更新日
作成日
USBハブの選びかた

今回のお題は、「USBハブの選びかた」です。

パソコンに様々な周辺機器を接続できるUSBポート。
マウスとキーボード、プリンターをつないで、さらにUSBメモリーも挿したいけれど、空いているUSBポートがもう無い…。

そんな悩みはありませんか?

コンセントの差込口を増やせる電源タップと同じように、 パソコンのUSBポートを手軽に増やせるアイテムが【USBハブ】です。

USBハブを選ぶポイントは【USBの規格】【ポート数】【電源のタイプ】です。
この3つについてとお勧めの製品をご紹介します。

それではどうぞ。

USBポートの数で選ぶ

接続したい機器は何台ですか?

USBハブの選びかた

キーボード、マウス、プリンター、外付けHDD、USBメモリーなどなど。 繋ぎたいUSB機器の数に合わせて選びましょう。

USBハブの選びかた
コンパクトで使いやすい。
4ポートUSBハブはこちら
USBハブの選びかた
これだけあれば困らない。
10ポートUSBハブはこちら

USBの規格で選ぶ

青は10倍速い!

USBハブの選びかた
USBハブの選びかた

主に利用されているUSBの規格には、転送速度が480Mbpsの【USB2.0】と、それに比べて理論値で最大10倍速い【USB3.0】があります。

原則としてコネクターの色で見分けられるようになっており、青いものがUSB3.0、黒やグレーのものがUSB2.0です。

USB3.0対応のパソコンとUSBメモリーや外付けHDD、SDカードリーダーなどの 周辺機器を組み合わせることでビデオ、音楽、写真といった、サイズが大きなデータをあっという間にコピーできます。

USB3.0対応ハブはこちら ≫

USB2.0のハブはこちら ≫

電源のタイプで選ぶ

安定動作には電力が必要。

USBハブは電源のタイプ別で2種類に分けられます。
パソコンのUSBポートからの電力のみで動作する【バスパワー】タイプと、ACアダプターを使って給電する【セルフパワー】タイプです。

バスパワー

USBハブの選びかた

バスパワータイプのUSBハブでは、それぞれのUSBポートに電力を分配して 接続した機器を動作させています。

しかし、消費電力の大きな機器を同時に接続すると電力が不足してしまい、 機器が認識されなかったり、動作が不安定になったりすることがあります。

セルフパワー

USBハブの選びかた

そこで、セルフパワータイプのUSBハブの出番!
ACアダプターを使ってコンセントからハブに電力供給することで、消費電力の大きな機器を複数接続しても安定動作させられます。

消費電力の少ない機器

マウス、キーボード、カードリーダー、USBメモリーなど。 これらの接続にはバスパワータイプのUSBハブが適しています。

バスパワータイプのUSBハブはこちら ≫

消費電力の多い機器

プリンター、ポータブルHDD、外付けDVDドライブなど。 これらの接続にはセルフパワータイプのUSBハブが最適です。

セルフパワータイプのUSBハブはこちら ≫

お勧めのPremium HDMIケーブルはこちら

メルマガのご登録はこちら

その他の読み物コンテンツ

  • 選びかたガイド
  • ミニコラム
  • スタッフレビュー
  • Real Voice
  • Real Voice