2019年

0206

水曜日

2/1よりモバイルバッテリーが電気用品安全法の規制対象になりました

2/1よりモバイルバッテリーが電気用品安全法の規制対象になりました

「モバイルバッテリーが燃えた!」というニュースを見たことがあると思います。もし、自分の所有しているバッテリーが燃えたら・・・と考えると怖いですよね。そこで日本国は対策として、2月1日以降より、PSEマークの無い製品は販売できなくなる法律(電気用品安全法)にモバイルバッテリーが追加されました。ちなみにこの法律は、販売側が守るべきものですが、「電気用品安全法」って?「PSEマーク」って何?という方もいらっしゃると思いますので、今回は概要を説明させていただきます。

スタッフ 田宮

電気用品安全法とは?

電気用品の危険や障害を防止するために定められた法律です。届出や安全基準に適合したものに関して、「PSEマーク」の表示義務、表示がないものには販売禁止などを定めた法律です。

PSEマークとは?

上記の安全基準に適合した電気製品につけるマークです。PSEマークがついているモバイルバッテリーに関してはある一定の安全基準が確保された製品と考えてといでしょう。

サンワダイレクトで販売しているモバイルバッテリーはPSEマークがついてるの?

2/1以降に販売しているモバイルバッテリーに関しましてはすべて表示されています。以前に販売されていた製品には表示義務がありませんでしたが、お客様が安心・安全にお使いいただけるモバイルバッテリーを販売しておりましたので引き続き安心してお使いいただければと思います。

この記事をSNSでシェアする

関連記事