2019年

0124

木曜日

トラッキング火災の予防を!

トラッキング火災の予防を!

挿しっぱなしのプラグとコンセントの間に溜まったホコリが、通電気によって発火する現象をトラッキング火災といいます。どこの家庭でも起こりえる、身近な火災の1つです。

スタッフ 清川

どうしたら予防できるのか?

トラッキング火災を防ぐには4つの方法がありますが、今回は「プラグにホコリを溜めない」ことに注目しましょう。

プラグにかぽっとはめるだけ

このプラグカバーを、普通の電源プラグに装着するだけで、ホコリや湿気をダブルでガード!プラグ本体と差し込み刃の根元の両方をカバーできます。

口コミ・レビュー

実家の両親の為に。★★★★★

実家の両親から家電製品について相談があり実家に行った時にいろいろ見ていたら、何箇所か壁のコンセントとプラグに隙間があるのを発見。こりゃ気をつけないとヤバイぞ考えていたときに、サンワさんで以前からきになっていたこの商品を思い出し今回購入しました。早々に実家に行って装着、両親が「今はこんな安心なものがあるんだねー。」と関心しきりでした。

高弾性シリコンゴムのおかげ★★★★★

高弾性シリコンゴムのおかげで電源プラグがコンセントに吸い付くように張り付き、ホコリや湿気から守ってくれそうです。

水回りのコンセントに★★★★★

トラッキング火災防止のため水回りのコンセントに付けました。弾力性があり、大きめのプラグでも大丈夫でした。まとめ買いしておけばよかった。

こちらの商品、トラッキング火災を予防することが出来ますが、完全に事故が起きないと保証されたものではありません。トラッキング火災は、皆様自身がこまめにコンセント点検を行うことで防ぐことが出来ます。
⇒トラッキング火災を防ぐ4つのポイントはこちら

この記事をSNSでシェアする

関連記事