請求書払い・電話・AIチャット案内

サンワサプライ直営「サンワダイレクト本店」

ranking

初めてのお客様へ。 新規会員はこちら
お届けする都道府県を設定する。(現在は東京都)[変更お支払い方法について

すべてのカテゴリ

[IEEE1394ケーブルの選び方]

SCSIの後継として開発された高速インターフェースです。
IEEE1394の名称の他に「FireWire」、「i.Link」、「DV端子」とも呼ばれており、パソコンと
周辺機器やAV機器の接続に使われます。

機器を数珠つなぎ(デイジーチェーン)できる特徴があります。

転送速度の違いによりIEEE1394a(FireWire400)とIEEE1394b(FireWire800)に分けられ、
ピン数の違いで合計3種類のコネクター形状があります。

使用する機器の仕様を確認して、それに合うケーブルを選びましょう。

【IEEE1394a(FireWire400)】

機器への電源供給ができる6ピンタイプとデータ通信のみの4ピンタイプがあります。

4ピン

  • 主にAV機器の接続・データ通信に利用されます。
    例として、以下の用途が挙げられます。

    ・ケーブルテレビのSTB(セットトップボックス)とBDレコーダーを接続して番組を録画する
    ・ビデオカメラとパソコンを繋ぐ
    ・CD/SACDプレーヤーとアンプをつないで音声をデジタル伝送する
    ・D-VHSからBDレコーダーへのダビング・ムーブ

6ピン

  • 主にMacと周辺機器の接続に利用されます。

    ・Macと外付けHDDやオーディオインターフェースなどの周辺機器を接続する
    ・Macを買い替えた際に「移行アシスタント」で古いMacから新しいMacへデータを移す

【IEEE1394b(FireWire800)】

9ピン

  • 最大伝送速度が400Mbits/sであるIEEE1394aよりも高速化された規格です。
    IEEE1394bの機器同士であれば最大800Mbits/sで通信できます。

    6ピンタイプと同様に、主にMacと周辺機器の接続に利用されます。

    ・Macと外付けHDDやオーディオインターフェースなどの周辺機器を接続する
    ・Macを買い替えた際に「移行アシスタント」で古いMacから新しいMacへデータを移す

IEEE1394ケーブルの通販商品一覧を見る>


FAX注文承ります

電話・FAXでの注文承ります。
詳細はこちら >>

2019 5月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2019 6月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

の日が定休日です。
営業時間 9:00〜18:00

ご注文は年中無休でお受けしております。
商品発送は土日祝日も一部商品に限り発送しております。
メール返信は営業日のみとなります。

"-->